忍者ブログ

もみの木ブログ

「まるまど文学館」広報誌 http://marumado.syarasoujyu.com 投稿されたコメントは、管理人が承諾するまで表示されません。しばらくお待ち下さい。 A contributed comment don't appear until a manager consents. Please wait a moment.

第2章 アイユーブ警察学校 1-2

第2章 アイユーブ警察学校

1.ドクター・ルマール

 「私は美しい世界を創りたい。それが私の使命であり、正義に適うものならば。」

 世界的に著名な環境設計家ドクター・ルマールは、常々7人の子供たちにこう言っていた。
 いずれも彼とその妻の実子ではない。夫婦が7大陸それぞれの孤児院から養育を託された子供たちだ。

   穀倉地帯・オルニアの    ライブラ
   森と湖の国・ライランカの  カーサル
   海洋貿易国・カレナルドの  サラサ 
   音楽の国・カルタナの    スイレン
   砂漠のオアシス・マクタバの ホルス
   科学技術立国・アルリニアの ルトフ
   不可思議の国・ウユニの   ムーム

 妻のマルカは包容力のある肝っ玉母さん。毎年一人ずつ増えてきた子供たちに、忙しく働く大きな背中を見せながらも笑顔を絶やさない愛情細やかな女性だった。子供の誰かが高熱を出していると、一晩中つきっきりで看病もした。
 彼らは実の家族のように育ち、18年の間に高い教養と武術を身につけた。そして、やがて各々の母国に散り、20年の歳月が流れた・・・。

2.出迎え

 オルニア王国は紫政帝の時代。この皇帝は国をよく富ませ、人望も厚かった。
 あるとき、彼は隣国ライランカのキリル姫から一つの依頼を受けた。警察学校を創設してその中で後継者を育成したいという内容だ。
 ライランカのアルティオ帝のひとり娘・32歳のキリル姫は、今年に入って不治の病とされるグナンリラ病で余命5年と宣告を受けていた。自ら子を産み、育てられる時間はもうない。ならば、若者たちを育成して後を継がせるしかない、と考えたのである。父帝も、限りある命となった娘との時間を惜しんでいたが、公のためにはやむを得まいと了承してくれた。

 そういうわけで7月の今日、紫政帝とその皇太子の田所風馬は、港までキリル姫を出迎えに来ていた。
 船から下りてきたキリル姫は、ライランカ人独特の藍色の髪をゆるやかに束ね、左手にキャンバス地のトランクを下げている。

 「キリル姫、ようおいでになった。」
 「紫政帝陛下、風馬殿下、お久しぶりでございます。ご健勝で何よりと存じます。されど、ここでは”キリル”の名は・・・。」
 「おぉ、そうであったの。すまぬすまぬ。さて、なんと呼ぼうかのぅ。まずしばらくはゲストルームへお泊まりくだされ。その間にゆるりと事を進めればよい。」
 「どうもありがとうございます。このたびのご厚意には感謝してもしきれませぬ。」

 3人は地味な馬車で王宮に入った。といっても、馬車は、この惑星では特別な乗り物ではなく、人力車と同じくらい市民の移動手段として広く普及している乗り物である。機械仕掛けの車は工業地帯で走っている電気自動車や穀倉地帯のトラクター、貨物船と旅客船、それにいわゆる緊急車両だけだ。

 翌日から、キリルと紫政帝は夕食を共にしながら今後について話すようになった。
 まずキリルはオルニアにいる間、ソフィアという名を名乗ること。オルニアには移民戸籍制度が設けられていて、犯罪に利用されないと認められれば、新たに戸籍を作ることが出来る。これは、民族的迫害を逃れて他国に逃げてきた人々の救済を目的に、かのルシャナが考案したものの一つであり、世界有数のオルニア穀倉地帯は、それを実現できる余裕を有している。
 それに基づき、ソフィアは警察庁において近く行われる高等警察官資格試験を受け、警視の資格を取る。もちろん、これはソフィアの身分は隠されて厳正な審査が行われる。
 そののち、ソフィアと紫政帝は、教官兼研修生を幅広くスカウトしてきて警察学校を開設する・・・という流れだ。なお、この計画は、既存の警察学校の養成カリキュラムを1学年のみ変える形で行われる。

 高等警察官資格試験の前夜、模擬試験の復習をしていたソフィアは、ふと窓から空を見上げた。満天の星が輝いていた。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/11 愚呑]
[04/02 愚呑]
[03/20 愚呑]
[01/31 紫野]
[01/31 愚呑]

コメントへの返信について

このブログでは、作者からのお返事は「コメント一覧」にノートマークで表示され、独立した項目では出てきません。コメントを下さった記事を指定してお読み下さい。(ちょっと不便・・・)

プロフィール

HN:
三毛猫モカ
性別:
非公開

忍者カウンター

P R

Copyright ©  -- もみの木ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]