忍者ブログ

もみの木ブログ

「まるまど文学館」広報誌 http://marumado.syarasoujyu.com 投稿されたコメントは、管理人が承諾するまで表示されません。しばらくお待ち下さい。 A contributed comment don't appear until a manager consents. Please wait a moment.

小説はじめました

「まるまど文学館」には小説もすでにいくつか載せておりますが、また書くことにしました。
タイトルは「ルシャナの仏国土」。これまで紡いできた物語を少しアレンジして作る予定で、少し長くなると思いますが、よろしければお付き合いください。ただ、作品が世に出るということは、その時点から作者の手を離れて独立してしまう不安を伴うようですね。(^^;)



ルシャナの仏国土

  序

 この物語はプレアデス星雲の中ほどにあるサルナート太陽系・第5惑星ルシアでの出来事である。

 この星の人類は、火と剣と弓の次に風力発電を発明、1200年ほど続いた戦乱の世を経て、惑星市民条約機関が設立された。
 同機関は、平和維持活動のため7つある大陸ごとに「皇帝」を置き、彼らの施政は常に市民議会の承認を常に受けなければならない、と決定した。また、剣と炎以外の武器を開発・使用・運搬することを例外なき禁止事項とした。

 ルシャナと名乗る人物が、世の人の「苦」を滅する教えを説いたのは、その10年後である。宇宙のすべてはそもそも平等であり、何ものにも拘らず、救いの光をおのおのの内面に見つめることによって、人は本当の幸せになれると説いた彼の言葉は、先述の惑星市民条約機関においても共感され、広く広められることとなった。

 彼の死から約300年が経った今日、人々は自らの星をこう呼ぶ・・・「ルシャナの仏国土」と。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

どう言う展開か楽しみです。

お久しぶりです。
小説、子供の頃はSF小説でしたね。
心は火星や土星に飛んでいました。
青年の頃は「罪と罰」などロシア文学にはまりました。
中年になり、丹羽文雄氏や山岡荘八氏の歴史本や新田次郎さんの山の本を読みあさりました。
近年は山本一力氏にはまっています。

「ルシャナの仏国土」、どういう展開になって行くのか楽しみに待っています。

Only One を目指します ^^

どうもありがとうございます。(・_・)(._.)

>「ルシャナの仏国土」、どういう展開になって行くのか楽しみに待っています。

今は何かきな臭い雰囲気でいっぱいですし、仏教説話って、書く人いないなぁ・・・と思いまして。
元の物語は他愛のないものですが、量的にはあるので、そういう骨格で行く予定です。
  • from 三毛猫モカ |
  • 2018/03/20 (15:20)
  

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[10/23 紫野]
[10/06 愚呑]
[08/09 愚呑]
[07/27 愚呑]
[07/26 愚呑]

コメントへの返信について

このブログでは、作者からのお返事は「コメント一覧」にノートマークで表示され、独立した項目では出てきません。コメントを下さった記事を指定してお読み下さい。(ちょっと不便・・・)

プロフィール

HN:
三毛猫モカ
性別:
非公開

忍者カウンター

P R

Copyright ©  -- もみの木ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]