忍者ブログ

もみの木ブログ

「まるまど文学館」広報誌 http://marumado.syarasoujyu.com 投稿されたコメントは、管理人が承諾するまで表示されません。しばらくお待ち下さい。 A contributed comment don't appear until a manager consents. Please wait a moment.

アドラーとフロムと断捨離と

しばらく前から録画して視ている「100分で名著」の今月はフロムの「愛するということ」。今夜が最終回になりますが、それと別個に読んでいたアドラー心理学の解説本「嫌われる勇気」とが、どうも内容的によく似ているように思われます。
私には、アドラーとフロムが西洋哲学で導き出した「幸福」が、「禅思想」の理想感覚と重なって見えるのです。フロムの結論が、もしアドラーの結論と重なるものであったとしても(今夜放送ですから私は内容をまだ知りません)、それも無理からぬところと考えています。

アドラーには、こんなたとえ話が出てきます。
1.向上とは、山を登るときに人を蹴落としていくことではなく、平面をただ前へ前へと進むことである。
2.褒めるとか貶すとかいう行為は、結局は相手を自分の判断の支配下に置くことになるため、対等関係にはならない。自分の範囲と他の個人の範囲を分離して考えなければならない。
3.自分が誰かの役に立てていると思えることが、自分の存在を実感させてくれるのである。
4.地球儀がそうであるように、無数の地点すべてが世界の中心である。人も同じ。自己中心ではなく、自己許容であれ。
5.過去も未来もなく、強烈なスポットライトを当てる「いま、ここ」。(幾度となく聴いてきたこの言葉、です。)

私もかなり認識不足だったなぁと反省する点多数。特に2。(^^;爆) 3は多分できてると思うんだけどなぁ・・・。

一方で「断捨離」・・・は実はこれから読み始めるのですが、その前にアドラーとフロムのことをメモっておきたいと思って、今書いてるわけです。目次の段階で、どうも混じりそうな感じなんで。「断捨離」は4と5にはいかないかもしれませんけど、目指すところは同じかもしれません。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

鉄学、いやいや哲学か?

人を蹴落としたり、褒めたり、貶したりは余りしたことはないですね。
冗談で「あんたは偉い」とかは言いますけど・・
西洋の難しいことは分かりませんが、身の丈で十分幸せ感じています。
冬が来たら震え、夏が来たら汗をかき、春と秋には自然を愛で。
親鸞聖人のお言葉に「自然法爾」というものがあります。
まだまだ阿弥陀様に全てをお任せしてと言えない凡夫です。
いずれ、お迎えが来るまでに一歩でも前進していればと思う次第です。
的外れのコメントでした。<(_ _)>
  • 愚呑 さん |
  • 2014/02/26 (16:54) |
  • Edit |
  • 返信

親鸞上人

昨夜のフロムはアドラーとは異なっていて、哲学的な領域には踏み込んでいなかったようです。
親鸞上人のことも、これからお勉強しなくちゃ。f^^;

「断捨離」、読み始めましたが、少し前に読んだ「心がときめく片づけの魔法」のほうが、私にはしっくりくるかなー。^^
  • 三毛猫もりり さん |
  • 2014/02/27 (19:55) |
  • Edit |
  • 返信

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[04/11 愚呑]
[04/02 愚呑]
[03/20 愚呑]
[01/31 紫野]
[01/31 愚呑]

コメントへの返信について

このブログでは、作者からのお返事は「コメント一覧」にノートマークで表示され、独立した項目では出てきません。コメントを下さった記事を指定してお読み下さい。(ちょっと不便・・・)

プロフィール

HN:
三毛猫モカ
性別:
非公開

忍者カウンター

P R

Copyright ©  -- もみの木ブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]